婚約指輪の意外なことからちょっとした買い方のコツまで

給料の3箇月分の意外な理由

結婚を約束するときに渡すのが婚約指輪です。あるタレントが給料の3箇月分と言ったことから広まったといわれています。そのタレントさんを恨んでいる人もいるかもしれません。実は3箇月分はそれ以前から言われていました。ダイヤモンド産出が盛んなことで知られれる南アフリカのダイヤモンドの会社が、広告で婚約指輪は給料の3箇月分でと出したそうです。それ以降世界的に知られるようになりました。もちろんそれにこだわりなく決めても問題ありませんよ。

せっかくなら二人で選んだ方がいい

ドラマのシーンなどで結婚を申し込むときに婚約指輪を送るシーンが出てきます。それに感動して、うまく結婚がうまくいくシチュエーションです。それに憧れて、同じように先に購入する人もいるでしょう。今だとサプライズといわれるかもしれません。でももらう立場から一言いいたくなることもあります。せっかくなら選びたかったといいたい人も多いでしょう。買い替えるわけにはいかないので、もらえば受け取るしかありません。せっかくなら一緒に選ぶ方がいいかもしれませんね。

既製品がいいかオーダー品がいいか

結婚の話が出てくると、じゃあ婚約指輪を買おうとの話が出てきます。宝石店に行って、色路色見せてくれたり、店員さんと相談したりします。店舗にあるのは既製品で、実際に指にはめることができます。それ以外にオーダー品もありますよと店員さんに言われます。オーダー品なら世界に一つしかありませんよといわれるとついそちらに目を向けてしまいます。既製品の場合、すでにできているのでバランスなどを確認しやすいです。できてがっかりがないので、意外に既製品の方がいいこともあるんですよ。

婚約指輪とは結婚の約束をした証として、男性から女性に贈るものです。結婚式で二人の誓いの証として交わされるものが結婚指輪です。