見落とし厳禁!結婚式場との契約でチェックするポイント!

結婚式場での「仮契約」と「本契約」

結婚式をする上では、式場との契約を交わす必要があります。しかし認識違いによってトラブルが起きるというケースがすくなくありません。契約には「仮契約」と「本契約」があります。仮契約とは、希望する日時があいていれば、数日無料で会場をおさえることができるシステムのことです。その期間中は他の会場も検討することが可能なので、キャンセル料なども発生しません。本契約は、式場を正式におさえてもらう契約のことです。この契約を交わした後にキャンセルをした場合には、費用が発生します。

支払い方法やキャンセル料などについて

結婚式場への支払い方法や期限、条件などは事前に確認しておきましょう。多くの式場では、式の費用は前払いのところが多いです。また式場によってはクレジットカードによる決済も可能のところが増えています。カードの利用を検討する場合には、使用上限額を引き上げておくなどの準備を忘れないようにしましょう。そして、本契約後におきたキャンセルでは、キャンセル料の発生時期と料金を確認しておきましょう。これらの条件は、式場によって様々なので必ず契約書の内容を確認しておくとよいでしょう。

打ち合わせ時期と持ち込みについて

結婚式では、式場が用意する以外にも自分たちで作ったものや、他店で購入したウェディングドレスを持ち込みたいという場合があります。その場合の持ち込みは可能なのか、そして持ち込みの料金なども契約前にチェックしておきましょう。持ち込んで良い物や費用は式場によって異なりますので、本契約前に確認することが望ましいです。また結婚式の打ち合わせは平均的に3回くらいの人が多いです。したがって、希望する挙式時期から逆算をして、余裕を持った計画を立てるようにしましょう。

福岡の結婚式場が支持されている理由として、新郎新婦へのもてなしが優れていることはもちろん、都市部へのアクセスが良いことがあります。