少人数でも楽しい!親族だけの披露宴のメリット3選

授かり婚でも披露宴が可能!

結婚と同時に、新しい命も授かるダブルおめでた婚。しかし、披露宴をするとなると、母体に負担をかけてしまう場合があります。それでも「披露宴はしたい!ドレスが着たい!」と思うのが女心。それなら親族のみの小さな披露宴がおすすめ。身近な人たちがカジュアルに集まる披露宴なら、緊張もしなくていいのでリラックスできます。お母さんや赤ちゃんの影響も、大人数の披露宴を行う場合は負担が大きいですが、親族のみなので何かあっても安心ですね。

費用が抑えられ、準備も楽!

大人数の披露宴も華やかでいいですが、なんといっても準備が大変!そして人数が増えれば増えるほど、食事やドリンクなどの発注の数も増えるので費用がかさんでしまいます。やはり親族だけの少人数だと、なにより費用が抑えられるのがうれしいポイントですね。大人数のときのように、席次も考えなくてすむので準備もとても楽です。カップルふたりともフルタイムで働いていて準備の時間がとれない。披露宴まで時間がない。というカップルにおすすめですよ。

招待されるゲストも楽!

華やかな披露宴だと、両家の親族もフォーマルな格好をしなければなりません。夏場の暑い時期に、留袖を着るとなるとゲストの方も結構大変ですよね。女性は他にもヘアメイクに時間がかかってしまったり、ヒールで足がつらい思いも。親族だけのカジュアルな披露宴なら、女性も留袖ではなくワンピースなどでもOK。海辺のレストランだと、みんなでラフなアロハシャツで揃えても楽しいし、ゲストの方もリラックスして過ごせますよね。

少人数の結婚式なら神戸の式場を見つけることで、新郎新婦やゲストにぴったりのスケジュールを考えることが可能です。